通販サイトの中のヒト科

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販サイトの中のヒト科

ECサイト運営に興味あってもなくても。

Wordpressで自分のサイトを立ち上げ運用する勉強法

study IT業界に興味があって、特にECサイト業界やWebショップ運営を仕事にしたいと思っているあなた。

じゃぁ転職するためにどんな勉強をすればいいのかなーどんな技術を身につければいいのかなーって考えますよね。そういう悩みのせいで結局手が動いていない人への対策としてWordpressを使ったサイト作成」を提案します。

ちなみにこのサイトもWPですし、他にもブログを運営していますが、やはりWPで作成・更新しています。

私自身、WPを使う以外の方法でもホームページを作成したことはありますが、なぜWPによるサイト運営がオススメの勉強法なのかを説明していきます。

サイトの仕組み・Webの仕組みに触れられる

まず根本的な部分として、WPを使う使わない以前の部分で1点だけ。

これはほぼ未経験の人にこそオススメしたい方法でして、自分のサイトをWPで作成し、更新し運用し、カスタマイズしていくことで「Web上に情報を発信するとはどういうことか」を簡単に体感することができます。

実際にWPを使用してサイトを作成する手順は簡単です。

レンタルサーバーを借りる  (エックスサーバーの月額¥1,000ぐらいで十分。ここは進んで自己投資) ・借りたサーバーへWordpressをインストール ・WP上でサイトをひとつ作ってとりあえず完了

文章にすると短い手順ですし、知っている人なら1時間もかからない作業です。 しかし、未経験者の方なら1日かかってもできないかも知れません。都度「Wordpress」「レンタルサーバー」といった言葉の意味から検索し調べることになります。

でも、それでいいんです。

今詳しい人も、そうやって自分で調べた時間が過去にあったんですから。そこから勉強法は既に始まっています。

また、実際にFTP接続を利用してWeb上にデータをアップロードする事を体感することも勉強になります。運転免許教習所に似ているでしょうか。やっぱりまずは実際に体験してみることが一番です。

考えたWebデザインを実現できるか挑戦する

WPでは簡単にテーマを適用することができます。

オシャレなテーマからカッコいいテーマまで様々で、無料で簡単に自分のホームページやブログを着せ替えることができます。

例えば、自分がWPのテーマを探していて気に入ったデザインのテーマを見つけたとしましょう。全体的に好きなデザインなので、テーマを適用しました。しかし、1箇所だけ気に食わない部分があったとしましょう。トップページのブログタイトルロゴ画像の位置を変えたいとか。

そういうプチ目標というか悩みが勝手に出てくるんです。

で、その悩みを自力で調べて解決していく事を繰り返していると…自然とHTMLの文法やWebデザインの基本を覚えていくという流れになります。こうやって自力で調べて覚えたことって忘れにくいですしね。

サイトの中身(コンテンツ)は自分で更新するのも良いですし、誰かへのインタビューや悩み解決の記事でも良いでしょう。そしてサイトの外観も自分が納得できるようなデザインへ少しづつ変えていくわけです。どのHTMLを触ったら、気になるページの体裁を修正できるか?とかを調べながら。そうやって自分のサイトを運用し、メンテナンスを繰り返していけば、自ずと詳しくなっていますし、就職や転職時の面接でも、熱量のある自己アピールを語れるようになっています。